人間関係とコミュニケーションの教科書

はたらくあなたに伝えたい、人間関係の知恵とノウハウ

*

【孤独がつらいと悩んでいるあなたへ】孤独は悪いことではない 一人の時期にいかに頑張れるかが重要

   


生活している中で「一人がつらい」「孤独が耐えられない」と感じてしまうあなたへ。

今、周囲から孤立しているように感じられてつらさを感じていることでしょう。

たしかに孤独はつらく、助けてくれる人もいません。頼れる人がいないのは、非常につらいことです。

しかしながら、一人の時期は人生における試練のようなもの。

その一人の時期をいかに過ごすかで、成功できるかどうかも決まってしまうのです。

 

一人の時期は試されている

何らかの原因で人間関係のなかで孤立してしまうのは、つらい以外の何物でもありません。

とくに孤独を経験したことがなく、今まで友達とつるんでばかりいた場合にはつらくてつらくて仕方がない。

ただ、仕事に対して真面目な人は遅かれ早かれどうしても孤独になってしまうものです。

「仕事でもっと結果を出したいから頑張る」
「やることが終わっていないから一人で片付ける」

仕事への真面目さは、このような思考を生み出すものです。

みんなと遊べないつらさ、「一人になるのは社会不適合者」というような考えなど、さまざまなものが精神的な負担となって襲ってきます。

しかし、もしあなたが今の人生のステージ、生活階級よりもワンランク上に生きたいと考えるのであれば、孤独になっている「今」を一生懸命に過ごしてください。

人生は一人の時期に何をやったかで決まるといっても過言ではありません。

一人になっても仕事に真面目に取り組んだ人は、以前よりも階級が上の人と付き合っています。

仕事を投げ出さず正面から仕事に取り組んだ人は、昔よりも快適で何ランクも上の生活をしています。

逆に、一人の時期に頑張れなかった人はずっと同じままの生活、何の変化もおもしろみもない生活です。

一人の時期に頑張るという「仕込み」ができるかどうかで、人生は変わるのです。

 

人間関係の冬の時期に、いかに頑張れるか

一人の時期というのは、人間関係における「冬」の時期です。

周囲にはほとんど人がおらず、悩みを抱えてもわかってくれる人がいません。

しかし、そのような孤独な時期は仕事で突き抜けるには欠かせない時期ですし、まわりに誰もいないときに頑張れた人ほど快適で後悔のない生活をしています。

仕事で突き抜けるのは別に悪いことではありません。それどころか充実した生活を得るには欠かせないもの。

仕事に打ち込んでいると必然的に一人になってしまいますが、そこで仕事に対して夢中になれるかどうかで人生が決まります。

もしあなたが自然と勉強してしまう、楽しんで取り組める仕事において一人になったのであれば、それはチャンス以外の何物でもありません。

自然体で仕事に打ち込めるというのは結果を出しやすい、能力を伸ばしやすいということ。

つまりは突き抜けた結果を出せる分野ということであり、そのような環境で仕事をできているのはラッキーです。

 

一人がダメ、真面目がダメという風潮を疑おう

冬の時期に耐えるというのは、スポーツにおいてはよく言われることです。

わたしは柔道をしていた時期があり、冬は地力を高めるために仕込む時期でした。

試合で勝てるのは、何もない時期に頑張れた人、まわりが遊ぶ中で鍛錬できた人。

つまりは一人の時期に頑張れた人が、後々華やかな生活を送れるのです。

もしあなたが

「友達とつるめないのはダメだ」
「仕事に打ち込むなんてブラック企業と変わらない」

と考えているのであれば、そのメンタルブロックを外してください。

孤独は別に悪いことでもありませんし、仕事に打ち込むことも悪いことではありません。

 

その風潮で誰が得をするのか

友達とつるめないのはダメだ、一人はダメだ。

仕事に打ち込むのはブラック思考以外の何物でもない。

もし今あなたがそのように思っているのであれば、「なぜ?」を考えてください。

なぜ一人で孤立してしまうのはダメなのでしょうか?

なぜ仕事に時間やお金をつぎ込むのはダメなのでしょうか?

結論からいうと、あなた一人が抜け駆けしてしまうのを防ぐためです。

あなたが仕事に真面目に打ち込むようになれば

  • 友達としては、先を越されてイヤだ
  • すでに業界で活躍している人からすれば、ライバルが増えるからイヤだ

だからわたしたちは小さい頃から「孤立はいけない」「仕事に一生懸命なのはダメ」と教え込まれます。

つまり、あなたが一人で仕事に打ち込むことで損する人がいるから、仕事への没頭や一人での行動はタブーとされているわけです。

ただ、あなたの努力が報われてはいけない理由などありません。

孤独と向き合って頑張れた人が業界で活躍するようになるのはよくある話。

今華やかな暮らしを送っている人は、過去の一時期には孤独の時期を過ごしているものです。

 

成功した人はみんな、一人の時期を乗り越えて来ている

今華やかな生活をしている成功者は、成功する前のどこかでは孤独な時期を乗り越えてきています。

一人という集中して仕事に打ち込むには最高の時期を活かしたからこそ成功できたわけで、以前はみんな一人でした。

自分以外まわりに誰もいない、悩みを相談できる人もいないという悶々とした時期を乗り越えたからこそ、華やかな生活をできているのです。

成功者は過去の泥臭い経験を語ることはありません。

泥臭い経験なんて一般人は話も聞きたくありませんし、泥臭い話というのは大衆的な価値観からすればつまらないものです。

あれこれ挑戦しては失敗し、結局最初の状態がよかったのではと360度回ってしまう。そうしてムダなことをしてしまったと後悔する。

こんなのはザラで、人によっては裏切られることも少なくありません。

もしあなたが経済的に成功して華やかな暮らしをしたいと考えるのなら、成功者が口にしない部分に着目してください。

世の中で大切なことというのは、言葉にされない部分にこそ存在します。

仕事に一生懸命になることで、業界のなかで有名になれます。

そうして仕事が余るほど舞い込んでくるようになれば、あなたは成功者の仲間入り。

必然的に周囲と遊んでいる暇はなくなり、仕事一筋な生活となります。

さすがに今やっている仕事が自分に合わないというのであれば話は別ですが、仕事に対して没頭できるということは、自分のやっている仕事に対して適正を感じているはずです。

あとは時間とお金を投じるだけであり、行動さえあれば年収1000万にとどまらず、年収5000万、1億も不可能ではありません。

成功者も最初は一人だったんです。その一人の時期に頑張れたかどうかで、人生も大きく変わるのです。

 

まとめ

一人になっている時期に仕事に没頭し、突き抜けた結果を出せるかどうか。

これができるかどうかで人生も決まってしまいますので、適正を感じる仕事であれば一人で没頭すべきなのです。

仕事能力は遊んで消費する能力よりも重要で、仕事能力さえあれば人生のステージもどんどん上がっていきます。

しかしながらそのような事実はあまりにグロテスクで、一般に言われることはほとんどありません。

成功したいと考えていて、一人の時間が大切だとわかったのであれば、あとは行動次第。

やるか、やらないか。

そこで動けた人だけが、成功を手にするのです。

 - 人間関係, 仕事・労働 , ,